乾燥肌の人でも使いやすいクレンジング料

subpage01

秋から冬に移り変わる時期に入ると、空気中の湿度も低下していきます。

すると肌も水分を保ちづらくなり、カサカサの乾燥肌になりがちです。


乾燥肌の人にとっては嫌な季節なのではないでしょうか。

肌が乾燥するとバリア機能も壊れやすくなるので、ただでさえ肌に負担になることがあるクレンジング料でダメージを受けやすくなります。

クレンジングの乾燥肌情報選びをサポートします。

でも、社会人のマナーとしても、化粧をしないで外出するわけにはいきません。
冬の乾燥シーズンを乗り切るためには、自分の肌状態と化粧にぴったりマッチしたクレンジング料を選ぶ必要があるということです。



クレンジング料にも、オイル・リキッド・ジェルなど複数の種類があります。
その種類によって化粧の洗浄力も異なっているので、厚塗りのバッチリメイクをする人はオイルやジェル、素肌を活かした薄化粧を好む人は洗浄力が弱めのミルクというように使い分けていきましょう。



当然洗浄力が弱めのクレンジングミルクの方が、肌にかかる負担も少なめです。

乾燥肌の人はせめて冬場だけでも、なるべく肌に優しいナチュラルな化粧にした方がいいかもしれません。

クレンジングミルクは、化粧を洗い落とす際に必要以上に肌の水分を奪ったりしないので、そのような面から見ても乾燥肌向きだと言えます。


人間の肌に近い潤い成分であるセラミドを何種類も配合してあったり、植物由来のホホバオイルなどが配合しているものを選ぶようにすると、肌をいたわることができます。