エイジングケアの視点によるクレンジング料の選び方

subpage01

メイクをする人にとって、毎日のメイク落としは欠かせないスキンケアステップです。しかし、洗浄料の選び方を間違うと、お肌の老化につながります。エイジングケアを重視してクレンジング剤を選ぶにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。
一番のポイントはその日のメイクの濃さによって洗浄料を使い分けることです。
オイルタイプのクレンジング剤は洗浄力が高い為、毎日使用するには刺激が強く、エイジングケア向きではありません。


ミルクタイプやクリームタイプの場合、肌には優しい濃いですが、洗浄力はマイルドなので濃いメイクをした日に使用すると汚れが落としきれない可能性もあります。洗浄力や刺激の強さ、落としきれないメイク汚れなどは肌の負担となり、エイジングサインの原因になります。
それらを防ぐために、しっかりメイクの日にはオイルタイプ、普段の軽いメイクの日にはミルクタイプなどと、洗浄料を使い分けるようにしましょう。

クレンジングのエイジングケアの専門サイトのココです。

エイジングケアの為のクレンジング剤は、低刺激なものを選ぶことも大切です。加齢とともに肌は乾燥が進み、薄く、敏感になっていきます。

肌への刺激となるアルコールやPG、合成着色料などが配合されたものは避けるようにしましょう。



エイジングケアの視点でクレンジング料を選ぶ場合は、付加的なポイントにも着目すると良いでしょう。

例えば、抗酸化作用のある成分や保湿成分はエイジングケアにおいてはメリットになるので、これらが配合されているものを選ぶと、汚れを落とす以上の効果が期待できます。



毎日使うメイク落としは選び方次第では肌の老化やトラブルを招くこともあるので、エイジング対策を意識している人は特に注意が必要です。